プロジェクトGMS

概要

プロジェクトGMSは地球圏連合のMS導入推進派とロック&バースキー社によって共同で行われた極秘プロジェクトである。
イスラフィル圏での軍用MS実用化成功の情報を入手した地球圏連合平和維持軍はこれを危険視し、対抗手段としてロック&バースキー社と共同で独自MS開発計画として本計画を開始。
だが、平和維持軍側からの高い要求を実現するMSの開発は難航し、プロジェクトは一時凍結を余儀なくされる。
しかし、A.G.1983年に地球圏連合が中部アフリカ侵攻に侵攻による軍用MS試験実戦導入に合わせ、MSの実戦投入によって新たな戦術・戦略スタイルを築きたい平和維持軍MS導入推進派と軍用MSの市場基盤確立を目論むロック&バースキー社は連合参加国にMSの有用性を示すため、本計画を再開。
再開後の目標は所謂ゴーストファイター的なMSを開発、実戦に投入することで、前線の兵士達に単独で戦局に影響を与えるMSに関する噂話を浸透させ、連合参加国にMSの兵器としての有用性を見直させることにあった。
結果として本計画は成功し、MSは軍の主力兵器としての地位を確立するとともに、ガンダム信仰を生み出すこととなった。
本計画で開発されたMSは中部アフリカ解放戦争に実戦投入されているが、公式な記録は一切残されていない。
なお、GMSとはGHOST MOBILE SUITの頭文字で、そのプロジェクト名からも本計画で開発された機体が、歴史の表舞台に立つことのないゴーストファイターとして開発されたことが伺われる。

計画参加者

カイル=マクミダル…ロック&バースキー社の重役で本計画の立案者。
アンドリュー=ルドルフ…地球圏連合平和維持軍大佐。MS導入推進派の1人でMS戦術構築のためのオブサーバーとして本計画に参加。

本計画で開発された兵器群

※赤文字で表示されているマシーンは整備兵の承諾なしに使用することはできません。

ガンダムロッドⅠ

白兵戦に特化したMS。
世界で一番最初に開発されたガンダムで、ファーストガンダムとも呼ばれ、ガンダムに纏わる噂話の元ともなったMSである。
A.G.1983の中部アフリカ侵攻に改修が施された2号機が実戦投入されているが公式記録には残されていない。
主力戦車からの攻撃に耐えうる兵器という平和維持軍からの要求を達成するため、チタン合金カーボン複合材αを装甲材に採用したが、機動性と運動性が著しく低下してしまい兵器として使い物にならないMSになってしまった。
開発陣はいかに装甲が強固であろうと、足が遅いのでは戦場で荷物になると危惧し、機体各部にスラスターを追加し、高出力のブースターを装備させることで機動性と運動性の問題を解消したが、今度は機体バランスが非情に悪くなり、機体に加速に長時間耐え、乗りこなして実践を可能とするパイロットが見つからず、1号機がテスト中の事故で空中分解を引き起こしたことから2号機と3号機は凍結され、プロジェクトGMSは一時計画を中断することになる。
機体には装甲や武装を機体の基本構造フレームと分離させることによって機体の可動に応じて装甲がスライドすることによってフレームを保護し、高い運動性を発揮するムーバブルフレームが採用されており、機体バランスが悪い分メンテナンス性が高くなっている。
型式番号 GMS-01R1(1号機)
GMS-01R2(2号機)
GMS-01R3(3号機)
所属 地球圏連合平和維持軍第13独立実験中隊
建造 ロック&バースキー社
生産形態 試作機
頭頂高  
機体重量  
装甲 チタン合金カーボン複合材α
主動力機関 固有高量子形燃料電池
ジェネレーター  
装備  
主な搭乗者  

装備解説

ガンダムオリジンマスター

白兵戦に特化したMS。
世界で一番最初に開発されたガンダムで、ファーストガンダムとも呼ばれ、ガンダムに纏わる噂話の元ともなったMSである。
A.G.1983の中部アフリカ侵攻に合わせてガンダムロッドⅠ2号機を実戦投入に耐えられ、パイロットに負担がかからないようデチューンした本機が実戦投入されているが公式記録には残されていない。
正式な名称は付けられておらず、パイロットや開発陣からは改修前と同じくガンダムロッドⅠの名称で呼ばれていた。
機体フレームそのものは2号機のものを流用しているが、装甲が炭素系装甲材に変更され高出力ブースターを廃止、機体各部のスラスターも減らされている。
前線の兵士の目撃証言から、白い悪魔と呼ばれ、畏怖されていたことが確認されている。
実戦を重ねる事に機体に改良が加えられたらしく、前線の兵士からの目撃証言と機体の姿が一致しなかったため、前線には様々なガンダムに纏わる噂話が流布されることになる。
改良に改良を重ねた結果、最終的にデチューン前の機体とほぼ同一の仕様になってしまうという本末転倒なことになってしまっている。
そのため、この機体のスペックは時期によってまちまちで正確なスペックデータは存在しない。
「オリジンマスター」というコードネームは、本計画後に生まれたガンダム信仰によって開発されたガンダムと区別するため、後に本計画に携わったスタッフによって与えられたとする説とロック&バースキー社が本機の開発データをベースに「ガンダムシリーズ」の開発を想定していたことから、その原点としてこの機体を区別するため名付けられたという説がある。
型式番号 GMS-01R2
所属 地球圏連合平和維持軍第13独立実験中隊
建造 ロック&バースキー社
生産形態 試作機
頭頂高  
機体重量  
装甲 炭素系装甲材
主動力機関 固有高量子形燃料電池
ジェネレーター  
装備 頭部バルカン砲塔システム×2 ビームサーベル×2
ビームライフル ハイパー・バズーカ
対装甲投擲ナイフ シールド
主な搭乗者 ルロイ=ムレーキア

装備解説

頭部バルカン砲塔システム
ビームサーベル
ビームライフル
ハイパー・バズーカ
対装甲投擲ナイフ
シールド

タイラント

中・遠距離支援用に開発されたMS。
ビーム兵器を採用したガンダムロッドⅠとは異なり、この機体の武装は実弾兵器に固められている。
稼働時間の短いガンダムオリジンマスターの支援に用いられることが多かった。
そのためか、白兵戦に特化した設計ゆえに前線の兵士から多くの目撃証言が寄せられたガンダムオリジンマスターとは異なり、こちらの目撃証言は少ない。
型式番号 GMS-02
所属 地球圏連合平和維持軍第13独立実験中隊
建造 ロック&バースキー社
生産形態 試作機
頭頂高  
機体重量  
装甲  
主動力機関  
ジェネレーター  
装備  
主な搭乗者  

装備解説


アルバトロス

対MS戦を想定して開発された戦車。
MSの奇襲によって近接戦闘に持ち込まれたな場合に備え、近距離用の兵装を装備し、マニピュレーターの採用によってMSの兵装を使用することも可能。
コア・ファイターと呼ばれる脱出用戦闘機を内臓してるが、それ故に機体が大型化し、操縦系統の複雑化によってパイロットに負担を強いる機体となってしまった。
型式番号 GMT-01
所属 地球圏連合平和維持軍第13独立実験中隊
建造 ロック&バースキー社
生産形態 試作機
頭頂高  
機体重量  
装甲  
主動力機関  
ジェネレーター  
装備  
主な搭乗者  

装備解説


  • 最終更新:2011-01-22 00:21:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード