アルガスナイツ保有兵器

  • 艦船

アルガス級強襲揚陸戦艦アルビオリクス

トレアイン級を再設計しトレアイン級では諸々の事情で不可能だった変形機構を盛り込んだ戦艦。
強襲竜神形態へ変形することで戦艦でありながら格闘攻撃を仕掛ける事が可能。
同型艦の存在しない互換性のなさ、取り回しの悪さからどこの海兵遠征軍の艦隊編成にも組み込まれずに放置されていた。
しかしアルガスナイツが新設された為、急遽間に合わせで組み込まれた。主に単艦運用されている。

艦級 アルガス級強襲揚陸戦艦
所属 JDF第9海兵遠征軍 アルガスナイツ
建造 天馬造船
建造期間  
就役期間  
全長 680m
全幅 240m
推進機関 核パルスエンジン
搭載機 ガッデス
X-ガイン
ニアルーシュJDF使用
ナイトメア
白鳳
ガンブレイズファースト

兵装解説

艦首ミサイル
対空ミサイル
CIWS
主砲45cm2連装砲
二連装レールキャノン
バスターキャノン
ギガバイトファング
ギガバスターキャノン
竜神形態の口から発射するアルガス級の最強武器。
口径約18mという大きさ故に理論上はコロニーレーザーに匹敵する威力を持つ拠点攻撃用兵器である。
一撃で大型戦艦を葬れるのは無論のこと、首を振ることで照射角の変更が出来、一艦隊を消滅させるだけの威力を持つ。
しかし一度の使用で艦の全エネルギーをほぼ消費し尽くす燃費の悪さ故に連射性能は無い。一度の戦闘で使用できるのは一回が限度である。




  • MS

X-ガイン

高性能量産機であるガンブレイズにドラグナーと同じペガサスドライブ(重力制御装置)を装備させた機体。
従来のMSはブースターやバーニアなど推進剤を利用した推進機関で無理矢理飛行させていたのに対してペガサスドライブを装備したことによりUFOの様な不規則な機動を可能とした。
頭部も特製の物に換装されておりその容姿からナイトスペシャルとも呼ばれる。
3機存在し胸部が青い機体に蒼乃晴が、胸部が黒い機体に和馬総一郎が操る。
X(エクス)-ガイン  
型式番号 JMNZ-105
所属 JDF第9海兵遠征軍 アルガスナイツ
建造
生産形態 カスタム機
頭頂高 18.3m
装甲 希少金属オリハルコニウム
主な搭乗者 蒼乃晴 和馬総一郎

武装

バルカン
頭部に内蔵されており主にけん制などに使用される。
ビームサーベル
左右のスカートアーマー内部に2本、背面に2つついているグラビトロンバインダーに2本づつ、合計6本装備している。回転して使うことによりビームシールドとしても使用できる。
V・A・R・I・S
弾薬の反発力の制御が可能なライフル。ノーマルモードとバーストモードの撃ち分けが可能。通常のMSが装備するレールガンの類とは桁違いの威力を持ち、実体弾を撃ち出す射撃武器の中では最強の威力を誇る。
Z・Oセイバー
刀身が液体金属で形成される剣。蒼乃機のみに試験的に装備されている。ある程度の刀身の変形や伸縮が可能。晴は刀身を巨大化させMAや戦艦を一刀両断するなどの使い方をしている。



ガッテス

上月なのはに与えられたJAPAN合衆国最強クラスのMS。
両肩に装備されている円形の物体はサークルファンネルであり分離してビームをまとわせ敵機を切り裂いたり仲間を守るための遠隔操作できるシールドとして使用できる。
尻部にはキラービットを搭載したコンテナが装備されているが取り外して他の装備を搭載することができる。
他にも格闘用武器として輝馬とともに東京に落下してきた高密度オリハルコニウム製のハルバード「スワンチカ」を装備する。
軌道エレベーターユグドラシルに接続されている太陽光発電プラントのエネルギー送電システム「アポロン」からエネルギーを受信する事で半無限に稼動することができる。
またガッデスを介して受信システムが無い他のMSにエネルギーを分け与えることも可能。
ガッデス  
型式番号 JMNGX-01
所属 JDF第9海兵遠征軍 アルガスナイツ
建造 ?
生産形態 ワンオフ機
頭頂高 25.0m
装甲 希少金属オリハルコニウム
専属搭乗者 上月なのは

武装

バルカン
頭部に内蔵されけん制などに使用される。
ビームサーベル
接近戦用の斬撃兵装。両肩に一本ずつ装備さている。
サークルファンネル
両肩に1枚づつ装備されている円盤状のファンネル。パイロットの脳波で遠隔操作出来、コードレスのビームチャクラムまたはビームシールドとして使用することが可能。
キラービット
尻部のコンテナに格納されている小型の筒状のビット。サークルファンネル同様パイロットの脳波で遠隔操作が可能。また空中浮遊するビームサーベルとしても使用が出来、パイロットによっては一度に大量に運用することもできる。
ファラフレイム
背部に2門装備されている高出力のビーム砲。
スワンチカ
オリハルコニウムでできたハルバート。



白鳳

第一次樺太戦役においてJDFが投入したMSの一種。
ヒット&アウェイと敵拠点の爆撃を目的に改造された高速強襲用MS。
基本フレームは飛燕の物を使っているが中の電子機器やアクチュエーターなどの類は全て別の物を使用しており飛燕とは別の全く機体といってもよい。
装甲の変わりに空力カウルが搭載されており飛燕よりも軽量たが装甲を極限までそぎ落とした結果、非常に脆弱な機体となった。
しかしそれを補って余りあるほどの機動力を得ており「あたらなければどうということはない」というセリフを見事に体現する機体となった。
第一次樺太戦役時に3機が生産されその内の一つがアルガスナイツで運用されることとなり改修が行われた。
白鳳(はくほう)  
型式番号 JMNC-100
所属 JDF第9海兵遠征軍 アルガスナイツ
建造
生産形態 カスタム機
頭頂高 18.3m
装甲 オリハルコニウムγ
主な搭乗者 ライル・ウェーバー

武装

バルカン
頭部に内蔵されており主にけん制などに使用される。
ビームサーベル
腕部に内蔵されている接近戦用の斬撃兵装。
11式対MSダガー
右肩にマウントされている刀身部に炸薬を内蔵した投げナイフ。標的に突き刺さると刀身部が爆発。目標を内部から破壊する。また通常の近接戦用のMSサイズダガーとしても使用できる。
00式44ミリライフル
JDF製MSのポピュラーな武装の一つ。信頼性が高く毎分1200発の発射速度を持つ。
09式滑空砲
主に狙撃などのバックアップに用いられる大口径ライフル。技術的にはオーソドックスな物であるが十分な威力を発揮する。普段は折りたたんで背部にマウントされている。
マイクロクラスターミサイル
2つのウイングバインダーから発射される小型ミサイル。22連装×2で構成されており広範囲に渡ってミサイルの雨を降らすことができるMAP兵器。



ナイトメア

JDFが誇るMF(モビルフォートレス)。他国では通常MSを超えるサイズの機体をMAと呼んでいるがさらにそのMAの平均サイズを超える機体をJDFではMFと呼んでいる。
ガンフォーミュラーの後継機で多数が量産されており胸部の26門メガミサイルポッドや下半身の拡散メガビームキャノン等の他様々な武装が装備されている。
ナイトメア  
型式番号 JMFN-023
所属 JDF第9海兵遠征軍 アルガスナイツ
建造
生産形態 量産機
頭頂高 60m
装甲 オリハルコニウムα
主な搭乗者 釘宮愛理 一般兵

武装

バルカン
頭部に内蔵され、主にけん制などに使用される。
13門メガミサイルポッド
胸部に内蔵されているミサイルポッド。2基内蔵されており一度に26発のミサイルを発射することが可能。
2連装メガキャノン
両肩に装備されている高出力のビームキャノン。
10連装ミサイルシールド
両足のスネの部分に内蔵されている脚部を守るシールド兼ミサイルポッド。2基装備されている。
メガビームサーベル
フロントスカートに2つ装備されている高出力のビームサーベル。
ビームスマートガン
本体から直接エネルギー供給を受けることによりメガバズーカランチャーと同等の破壊力を持つ。高出力のビームを連続発射することが可能。ビームスマートガンに接続されている高性能ディスク・レドームはナイトメア本体のセンサーとリンクさせることで長距離からの精密射撃にも優れた性能を発揮する。
メガビームキャノン
ナイトメア専用の手持ち兵装の一種。
2連装衝撃砲
10連装ミサイルシールドの下に装備された実体弾を発射するキャノン砲。釘宮機は右足のみに装備されている。

  • 最終更新:2011-12-18 22:23:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード